New Entries

Categories

Recent Comment

Links

都の花が咲く
【都咲管理サイト】創作サイト向けテンプレート配布サイト

Honey Note
【都咲管理ブログ】乙女ゲームプレイ日記

About

無料ブログ作成サービス JUGEM
サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン

映画 刀剣乱舞

刀剣乱舞

公開おめでとうございます!


初日の初回に観に行って来ました!

私がうっかりしていたばかりに、舞台挨拶の中継上映ではなかったのですが。


がっつりネタバレですので、ネタバレ大丈夫な方のみどうぞ。
ていうか観ていない方はネタバレを見ず、ぜひ何も知らない真っ白な状態で観に行っていただきたいです。


書いた後に読み返したら、そこそこ否定的なことを書いてしまっていたので、内容に全肯定だった方(特に最後らへん)は読まない方がいいかもしれません。
グッズ

久しぶりにがっつりグッズを買ってしまいました。
舞台みたいにブロマイドないかなーって思ってたらポストカードがあってありがたや。

脚本の方は特撮で評判の良い方だけど、必要とあれば主要キャラも殺す(意訳)と聞いていたので、刀剣破壊があったら耐えられないので(ジョ伝で山伏が折れた衝撃は忘れない)ネタバレを見てから行こうかな〜なんて思っていたのですが、ネタバレ見ないで行って良かった。

ちなみに心配していた刀剣破壊はありませんでした。


ただ、三日月はまた何か抱え込んでるポジションなのかああああああって悲伝のトラウマが蘇る蘇る。


三日月はそういうポジションになりがちなのかなー。
つはものでもそうだったし。

でもあのメンツだと初期刀は山姥切でしょ?
審神者と最初から一緒にいたのは初期刀なのになんで三日月にしか知らされないの?
初期刀の存在感はどこへ…。


あといつも(ミュとかステ観て)思うんだけど太刀に室内戦・夜戦をさせるな

なんで敵の大太刀が室内に踏み込んでいくの!
そこは苦無だろ!!


導入は良かったです。
刀剣乱舞を知らない人でも、この煌びやかなイケメン達がどんな存在か分かりやすかったんじゃないでしょうか。

出陣シーンも映像ならではという感じで綺麗だった。


信長様と秀吉も良かったなぁ。
本能寺の変は虚伝でもやったけど、あっちは裏切る光秀側からの描かれ方が強かったですからね。
あと不動をはじめ織田信長に縁のある刀達の考え方とか心情とか。

ただ映画の不動は…虚伝を乗り越えた不動なんじゃないかなぁって思えてしまうんですよね。
ステ本丸とは別の本丸とはっきり言われていますが、虚伝で信長を思って泣く不動が脳裏を過ぎっていくんですよ。

そう、ステ本丸ではない。


つまり軍議がない。


約2時間、気の抜きどころがない。
最後の最後でほっこりはできるでしょうが…人によっては地雷でしょうし。

私的に癒しポイントは薬研の太ももしかありませんでした。

あと上着脱いでネクタイ緩めているシーンがあるんですけど最高過ぎました。
きたむーの薬研はほんと最高だよなありがとうありがとう。


刀剣男士がわちゃわちゃする可愛いところはないですね。
でも序盤でみんなでおやつ食べてるところは可愛かった…。

ここは内番着でも良かったんじゃないかと思ったんだけど、戦装束を着崩してるのも良かったですね。
長谷部可愛い。


炎に捲かれた本能寺の中でも顔色を変えないとか、遡行軍が現れても泰然としているところとか、それでいて安土城に来た秀吉が火を放った時には焦りを浮かべたりと、信長様は私の中で「信長様らしい信長様だなぁ」という感想を抱きました。
「信長様らしさ」とはなんだろうって感じですけど。

秀吉はキャストさんご本人も言っていたように、人間味があって良い。
敬愛する信長を失って、人目も憚らずに号泣するところ。
天下を取ろうと奮い立つところ。
信長を超えていこうとするところ。

最後、薬研の刀身を拾い上げて呟いた「御館様」には万感の想いが込められていたのだと思います。


遡行軍の造形も良かったですね。
あとは出現や消滅の演出。

これはどんなに頑張っても舞台では観られない部分なので、映像で観られるのを楽しみにしていました。


それから刀剣男士達の殺陣。
私が刀ミュ・刀ステを観に行っている理由の1つで大好きな部分なんですが、刀種・刀剣ごとの立ち回り方の違いがしっかり表現されていて良かったです。

アクション監督さんもその辺を意識していたようで、しっかりがっつり丁寧に作られていたように感じました。
大満足です。


刀剣男士は言わずもがなですね〜。

長谷部が長谷部で本当に最高でした。
私、最愛は初期刀の清光でミュの清光大好きなんですけど、ステはほんと長谷部が好きすぎて自分でもなんでこんなに長谷部が好きなんだろう?って不思議なくらい和田くんの長谷部が好きです。
最初から最後まで尊かった。


三日月と鶯丸が視線を交わすシーンが印象的でした。
あの雰囲気は最年長組ならではかなぁ。
多分、鶯丸が鶴丸だったとしても、三日月はああやって視線を交わしていたと思う。
でも燭台切だったら違ったんじゃないかと思う。

鶯丸の立ち居振る舞いは綺麗で良かったなぁ。
声が少し低めでしたけど。

前ちゃんの鶯丸が好きだったんですが、智紀くんの鶯丸も素敵でした。

ただ、ちょっと違和感があって…なんでだろうなあって思っていたんですが、あれだ、「大包平」って言ってなかったんだよ。


本丸に残すならせめてあと4振り…1部隊分は残しておこうよ。
鶯丸がレア4太刀の攻撃力を見せてやるぜ!って感じでした。

うちの本丸もわりと序盤に鶯丸が来たんですが、刀装が3つ装備できる→強い・速いで他のメンバーを置いてどんどんレベルが上がっていくんですよ。
(とっくにレベル99になって隠居してます)


1人残った三日月を助けるために、みんなが戻ってくるところは王道で好きでした。
ああいう王道の展開大好きなのでほんとうに観ていて気持ちが良かったです。

ただ、三日月を回復させたスーパーアイテムはゲームにはありませんから、これから審神者になる方は気を付けてくださいね。
(連隊戦では回復アイテムあるけどね)
中傷になったら戻りましょう。お守りも忘れずに。


映画オリジナルの刀剣男士については、私は「新刀剣男士が映画で先に実装された???逆輸入いつですか???」としか思わなかったんだけど、そもそも実写版だし、原作にないオリジナルキャラが苦手っていう人には地雷だったかもしれませんね。

で、実装はいつですか?


最後の広間でみんなが集まってるシーン。
遠征に行っていた刀剣達も帰ってきて勢揃いしていたあの画。

ステ好きにはたまらなかったですねありがとうございます。
初めは後ろ姿から映していたので、アンサンブルの方達が衣装を着ているのかと思ったら。
カメラの角度が正面からに変わり、ステキャストのみんなが!!!

このためにステのキャスト集めたのかありがとうありがとう。
ただ、この本丸、やっぱステ本丸なんじゃない?とも思いました。
(別の人がやってたらそれはそれで嫌なんだけど)


ただどうしても、一点だけ。
全てが良かっただけに、真っ白な布の上に落ちた墨のように気になることが。

なんで審神者の顔出したんだろうなー御簾あるんだしぼかしたままでも良かったんじゃないだろうか、って。

パンフの脚本家さんインタビュー読むと映像作品ならではのセオリーがあるようなんですが、でも私は舞台脳なので正直、審神者の顔出しはいらんかった…。
高齢の男性審神者はまだいいとして(ミュの審神者の声好きだし)、幼女は特に。

この幼女がみんなのこと率いていけるの?っていうのと、この年齢から審神者の力が衰えて代替わりをするまで、審神者としての使命と本丸に縛られるの?って思ったら、たとえどんなに審神者を構ってる長谷部が可愛くても心の底からほのぼのなんかできないし。

顔出しするなら、御簾が上がった時、緊張した面持ちの高校卒業したてくらいのフツメン男子でも良かったんじゃ?
でもきっと男審神者から男審神者だと映えないから女審神者にしよう、でも妙齢の女性だと女審神者(観てる人達)の反感を買うのが分かりきってるから幼女で落としどころをつけたという感じでしょうか。


っていうか審神者の代替わりってなんぞ?
私は代替わり自体はあまり気にならなかったけど、人によっては特大の地雷なんじゃないだろうか。


このキャスト、このクオリティが保たれるなら、次作があってもいい。
でも幼女審神者が成長して女子高生とかになってたらいらん。

映像作品として女性が出てこないのは不自然だとしても、刀剣乱舞の世界に女はいらないんですよ!!!
そんなのは二次創作だけで充分なんですよ!!!

脚本家さんインタビューでその部分について読んだ時は、刀剣乱舞の世界に馬糞を投げ込まれたような気持ちになりました。

刀さに大好きで二次創作いっぱい読んでますけどね、それと公式でやられるのとは別物なんですよ。

ごめんなめんどくさいオタクで!!!



そういえば、NO MORE映画泥棒と刀剣乱舞のコラボ映像楽しかったです。

鶯丸の攻撃を躱す映画泥棒強すぎwww
そして違法ダウンロードする時間遡行軍。
そんなやつはすぱすぱ斬ってしまえ。

確か今回は鶯丸と不動と長谷部だったので、残りの5人はこれ以降ですね。
これは全部観たいので、また来週行きたいと思います(ムビチケもあと2枚ある)

DVDの特典映像につけてくれないかな。
0
    2019.01.18 Friday 20:32 ::: Movie








    << November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>