New Entries

Categories

Pick up


新テニOVAのEDテーマ!
「Party Time」


【15年1月7日 発売】STONES


【11月26日 発売】氷帝エタニティ


【11月12日 発売】キャップと瓶


新テニスの王子様 OVA


DVD 1


DVD 2


DVD 3


Blu-ray 1


Blu-ray 2


Blu-ray 3

On Sale


テニプリフェスタ2013(通常盤)
テニプリフェスタ2013 DVD

舞台 戦国BASARA 武将祭
舞台 戦国BASARA 武将祭


ミュージカル テニスの王子様 青学vs四天宝寺

仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦 コレクターズパック

仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード  天下分け目の戦国MOVIE大合戦 コレクターズパック(DVD)
DVD版

仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード  天下分け目の戦国MOVIE大合戦 コレクターズパック(Blu-ray)
Blu-ray版

Recent Comment

Links

都の花が咲く
【都咲管理サイト】創作サイト向けテンプレート配布サイト

Honey Log
【都咲管理サイト】乙女ゲーム攻略&テニプリCD覚え書きサイト

Honey Note
【都咲管理ブログ】乙女ゲームプレイ日記

About

無料ブログ作成サービス JUGEM
サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン

魔界転生

行って参りました!前進座劇場!
ヘロヘロQカムパニーの第25回公演です!

しばらくヘロQのお芝居を観に行ってなくて、数年ぶりにチケットを取りました。
最後に観に行ったのは第16回公演の「SYU-RA 煉」でした。

5年振りに観て、やっぱヘロQが好きだなぁと思いました。

では、レポのような感想のようなものを書いていこうと思います。
ネタバレ注意〜。
まずは物販でパンフとCDを購入。

「悪魔が来たりて〜」は観てないからBGM聞いてもなぁ……とも思ったけど、今回のテーマソングが入ってるので購入。

あと、声援団のシュシュとリストバンドが売ってたので、それも買ってきました。
義援金として寄付されるそうです。

来場記念のポストカードは、引き替え方法をチェックしていくのを忘れたんだけど(HP見てなかった)、チケットがあればもらえたので、忘れずにもらってきました。


開場が遅れて、開演時間がずれ込みました。
まぁ、今までも初日は大体そうだったので想定内。

でも空調が効いていなかったので(節電で消してたのかな?)とても暑かった……!



そして開演。

まぁ、いつものことなんですが、登場人物を覚えていなくてちょっと困りました。

や、以前の反省をちゃんと活かして、開演前にちゃんとパンフを見たんです。
キャストを確認しようとしたの。

でも表紙の浪川さんが麗しかったのと、智一さんの眼帯+ヒゲが格好良すぎて見とれてたら開演しちゃったというね。

原作の知識が全くなかったので「魔界転生」というタイトルから、転生物?ファンタジー?って思っていたら、天草四郎とか宮本武蔵とかで、あれ、歴史物?
(柳生十兵衛の名前は全く頭に入ってなくて、この2人しか覚えてなかった)



冒頭は島原の乱が制圧されるところから。

天草が赤マントで随分ファンタジーな格好してるなぁ、というのが最初の感想でした。
あと、人数が多い!!

舞台のあちこちで繰り広げられる斬り合いに、最初っから緊張感を高められます。

でも天草は何で丸腰なんだろう……。

丸腰でも戦えるのかと思いきや、戦ってるのは百姓達で、天草は敵から逃げるように立つ位置を変えるだけ。
百姓達は全て切り捨てられ、ついに天草も。

あれ?ここで浪川さんの出番終わり?って思ったら、屍の山の中から生き返る天草。

ああ、転生ってこのことかぁ……ということで、ここから物語が始まるわけですね。

神に仕えていた好青年の天草は、蘇ると、救いの手を差し伸べてくれなかった神を捨て、すっかり黒くなっていました。


私は浪川さんは長太郎とユーイの印象が強くて、爽やかなイメージしかなかったので、黒キャラの浪川さんはなんか新鮮です。


そして蘇った天草は、同じく未練を残しながら死にゆく者を仲間に引き入れて、再び争いを起こそうとします。



ところ変わって、柳生の……道場?城?ちょっと忘れた。

稽古に励む門下生と、元気で明るい女の子達、ごろごろしてる十兵衛。

今回の作品は大分シリアスなんだぁ……と思っていたんだけど、七人衆と女の子達と柳生のやりとりは、ちょっと笑えてほのぼのとしていました。
会話やツッコミのテンポがヘロQらしいなぁと感じました。



今回の演出は、場面転換に舞台のセットを回すだけでなく、後ろにあるスクリーンに映像を映してもいたので、様々な場所が演出されていました。
終盤での場面ですが、宮本武蔵と戦う海辺や、焼け落ちる城が強く印象に残っています。

あと、今回は肩に担ぐ大砲を武器にしたりもしていて、あれは爆竹だったのかな……?
殺陣シーンがとてもすごかったです。

今作の見所は柳生が転生衆と戦っていくところなのかなぁと、見ながらぼんやりと思ったのですが、後でパンフをちゃんと読んだらそう書いてありました。


あと気になったのは、天草とクララの関係かなぁ。

天草の言動はクララが特別な存在なんじゃないかと思わせるのですが、じゃあ何で十兵衛にあてがおうとしたんだろう?
傍にベアトリスを置いておいて。

十兵衛がまた特別でどうしても仲間に引き入れたいから、自分の特別を差し出したんでしょうか?


でもその企みも失敗に終わり、天草が自分の術にしちゃいましたが。

でもこの術にする時、髪を引っこ抜いてたよね……。
切るのかと思ったら、引っこ抜いてた。

そのSEがまた生々しくて、とても痛そうでした……。


術の礎にされたことでクララは死んでしまったのだと思ったのですが、生きてました。

そして柳生と天草の戦いに割って入り、天草を止める為に自害してしまいました。
クララはきっと、これで良かったんだろうなぁと思います。

天草はどうかなぁ。
でももう未練はなさそうだった気はします。

そして柳生は……虚しかったんじゃないでしょうか。
七人衆は6人が死んでしまい、クララのことは助けたかったんだろうけど助けられなくて、父親のことも斬らなくてはならなくて。



とか色々なことを思ったんですが、こんなことを考えず、単純に柳生VS誰かの戦闘シーンを楽しめば良かったのでしょうか。
気にするポイントを間違えたかな?


でもまあ、内容も結構記憶からすっ飛んで行ってるところも多いので、DVDが出たら今度はもっと単純な楽しみ方をしたいと思います。


とりとめもなくつらつらと書いてみましたが、こんな感じです。


今回は時代物だったので、衣装が着物だったんですが(転生した人達は派手な格好してたけど)、十兵衛が着物なのに無造作に大股で歩いたりするから、その度に足がちらちら見えて非常に萌えました。

ヘロQで和物の作品の時って大体そうだった記憶があるんだよな〜。
SYU-RAの時も小西さんが惜しげもなく生足を晒していたような。
(語弊がありそうな気がするけどきっと気のせいだよね)



結論:和装は萌えますね。
(それを結論にするのは良くないと思います)



あと、最後の挨拶の時の浪川さんの仕草がやたらと可愛かったです。
体の前で手を組んでるし、ヒラヒラした衣装とストレートロングのヅラと相まってとても可愛いかった!



やっぱりヘロQの舞台は楽しいなぁ。
次回もまた、頑張ってチケットを取りたいと思います。
0
    2011.06.14 Tuesday 23:22 ::: ヘロヘロQカムパニー








    << February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>